市販と無添加の白髪染めの違い

最近は、ドラッグストアやスーパー、大手量販店等において手軽に白髪染めを購入することができます。

また一般の白髪染めは非常に安価で、安いものであれば500円程度で購入できる場合もあります。

これに対してネットショップや通信販売等で購入できる白髪染めに、無添加タイプのものがあります。

ただこのタイプの白髪染めは、安いものでも3,000円程度、高いものでは5,000円以上するものもあります。

では、市販されている白髪染めと無添加の白髪染めとでは、何がどう違うのでしょうか。

ここでは、市販の白髪染めと無添加の白髪染めの違いについてご説明させていただきます。

市販の白髪染めと無添加の白髪染めの違いとしてはまず、頭皮や髪の毛に与えるダメージが異なる、という点が挙げられます。

市販されている白髪染めには酸化染料等の化学薬品が使用されており、カラーリングを繰り返すことによって髪の毛にダメージを与えてしまうのですが、無添加の白髪染めにはこういった髪の毛や頭皮に悪い化学物質が配合されていません。

そのため定期的に白髪染めをしても、髪の毛がスカスカになって傷んでしまうということがないのです。

また無添加の白髪染めの中にはトリートメントタイプのものもあり、こういったものを使用していると、そのトリートメント効果によって白髪染めをすると同時に、髪の毛にハリやコシを蘇らせることもできます。
白髪染めなら「スカルプDボーテ」ヘアカラートリートメントが肌にも優しく大変人気があります。

市販の白髪染めは確かにリーズナブルですが、髪の毛のことを考えるのであれば無添加の白髪染めをおすすめします。